本文へ移動

薬剤部

薬剤部理念

リハビリテーションに携わる一員として、多職種と協力し、薬物療法が安全で効果的に行われるようにする。

薬剤部基本方針

  1. 信頼される薬物療法を目指します。
  2. 職能を生かしチーム医療に貢献します。
  3. 新しい知識の習得に励みます。
調剤室
医薬品情報管理室
カラー印字による分包
現在薬剤師5名、薬剤助手2名のスタッフが所属しています。当院外来は院外処方となっており、入院患者さまの薬剤に関する業務を中心に行っています。

各病棟フロアには担当薬剤師がおり、医師・看護師など多くのスタッフと意見交換を行いながら、入院患者さまの薬剤治療が安全により効果的に行えるようにしています。

病院2階の調剤室では、処方箋に基づいた患者さま毎の薬の調製を行っています。全自動錠剤分包機を設置しており、入院患者さまが服薬管理を行いやすいよう1包化をしてお薬を提供することも可能です。カラー印字を採用することで、服薬間違いを軽減できるようにしています。

注射薬は、施用毎に準備をし、当日朝に病棟看護師と確認を行っています。注意が必要な注射薬は、随時、看護師に説明指導を行っています。

調剤室と隣接した医薬品情報管理室(DI室)では、薬剤情報の収集・管理を行っています。薬剤に関する様々な情報をわかりやすく医師やスタッフに提供するようにしています。
また、患者さまやスタッフからの薬剤に関する質問や相談等に迅速に対応するよう心がけています。

入院の患者さまだけでなく、外来の患者さまも、薬に関する相談等お受けできますので、遠慮なく声をかけてください(^-^)/
2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る