本文へ移動

訪問リハビリテーション部門

訪問リハビリテーションとは

『リハビリテーションスタッフがご自宅に直接伺います』

訪問リハビリテーションは、病状や障害によって通院などの外出が困難な方のご自宅へ、理学療法士や作業療法士や言語聴覚士のリハビリ専門職が訪問し、住み慣れた地域や家庭での日常生活や運動機能をより良くするサポートを行います。

リハビリテーションでは、日常生活が大変になった原因を考え、ご本人やご家族の希望はもちろんのこと、運動機能や動作能力、生活環境やライフスタイルに合ったリハビリテーションを行う事で、自立支援・自己実現につながるように取り組んでいきます。

また、ご自宅での療養されている方は、いろいろな介護保険サービスを利用されていることが多いので、他サービス提供者と情報交換を行う事で、チームアプローチに努めます。

実際にはこのようなリハビリを提供致します。

生活につながる機能訓練

生活に必要な身体機能(関節の運動や筋力・体力など)を維持・向上できるように練習します。

日常生活に必要な動作の練習

  • 起き上がりや立ち上がり、乗り移りなどの基本的な動きの練習を行います。
  • 家の中や外を歩いたり、階段などの練習を行います。
  • 食事や着替え、トイレ動作や入浴、家事等の練習を行います。

介助方法の助言

起き上がりや立ち上がり、歩行やトイレ動作など、ご本人・ご家族が行いやすいように介助方法を助言したり練習します。

福祉用具の選択 使い方の助言

身体機能や環境にあわせて必要な福祉用具(例えば車椅子や杖など)を選択・助言します。

住宅改修など住環境整備の相談・助言

使いやすく、動きやすい住環境を整えるために、手すりの設置や段差の解消などの助言をします。
2021年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る