本文へ移動

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟 理念と方針

理念

わたしたちは、患者様のよりよいQOL、幸せな退院後の生活を目指します。
患者様の声に耳を傾け、健康状態、生活機能をよく理解し、早期からエビデンスのある質の高いリハビリテーションを提供できるように努めます。
地域とよく連携し、患者様が住み慣れた場所で、安心して健康に暮らせるよう、多職種チームの協働で共生社会を目指します。

方針

  1. 適切な評価
    患者様の心身機能、活動と参加、背景因子を多職種で協働して適切に評価します。
  2. 生活目標に添ったリハビリテーションの提供
    患者様の退院後の生活をイメージしながら、生活目標に添ったリハビリテーションプログラムや病棟における練習を立案・実施します。
  3. 病棟生活における時間の有効活用
    セラピストによるリハビリテーション以外の時間を自主練習や余暇活動、他者交流等で有効活用できるよう支援します。
  4. 退院後のフォローアップとリハビリテーションの継続
    退院後、地域の医療機関やケアサービス機関等と連携を図り、患者様をリハの観点からフォローアップしていきます。

回復期リハビリテーション病棟の紹介

回復期リハビリテーション病棟 診療実績

平成30年4月1日~平成31年3月31日 回復期リハビリ病棟4階・5階

2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る